「ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

僕の血を吸わないで!



※写真と本文は関係ありません。写真は今日の緑茶。Unifというブランドのグリーンティーです。
夕べは9時過ぎに寝てしまった。前日の夜中のバトルのせいで、きょうの昼間は1日中眠かった。これを今週中、引きずるわけにもいかないので、早々に寝て体調を整えることにした。
昨夜もとっても暑かった。しかし健康のためにはエアコンなしのほうが良いと思って、また窓を全開(と言っても、たいして開かないが)にして眠った。
夜中12時ちょっと前に携帯が鳴って目が覚めた。ちなみに、K700iの着メロは浜崎あゆみのEnd Roll。(CDからMP3にして短くしたものをbluetoothで転送した。)電話しててきたのは大学時代の友人(タイ人♂)であることまでは確認。しかし、出る気力なく、そのまま眠りに戻った。
しばらく眠った後、またまた痒くて目が覚めた。痒い。痒すぎる。手と足の5、6箇所ほどをすでにやらていた。痒くてガマンできずに起き上がった。とりあえず、虫さされの薬をつけてみる。時計をぼーっと眺めて、午前3時だと確認。9時くらいから寝ているから、ふだんの睡眠時間くらいは眠ったことになるが、前日の不足分も取り戻したいし、今から起きても何か半端なので、3時間眠ったほうが良いと思った。
しかし、このまま寝たら、また、蚊に刺されることは必至だ。何か対策はないものか。とりあえず、虫除けスプレーを手足に軽く吹きかけてみた。あまりたくさんつけると、臭くて眠れなくなるかも知れないので、あくまでも軽く。しかし、これだけでは不安だ。一体、敵は何匹いるのか。どうも1匹ではなさそうな気がする。そう思っていた矢先に、ブーンと1匹、目の前に飛び出してきた。すかさず撃墜。残骸からは赤い血液が・・・。うーん、僕の血だね。
果たして、敵はあの1匹だけだったのか。とにかく、暑いと僕も汗をかき、それがまた蚊を呼び寄せると思ったので、仕方なく窓を閉めてエアコンをオンにすることにした。早く眠りに戻らないと、本格的に目覚めてしまう。リビングのエアコンを入れ、リビングとベッドルームとの間のドアを開けて眠ることにした。部屋の温度が下がってきたので、綿毛布にくるまって眠れる。とすると、外に露出している部分は頭部だけ。敵が狙ってくるとしたら、顔面か!?
暗闇の中、耳元でプーンという音がして、あわてて頭を振った。
げっ。まだ、いるんだ。敵は1匹ではなかった。この暗闇の中で、僕は敵とどう対峙すれば良いんだろう・・・。そう言えば、蚊取り線香があることを思い出した。半年前に日本に帰った人からもらったのだ。とりあえず、起き出して、蚊取り線香を引っ張り出してみた。とにかく、安眠できれば良い。ベッドの下にセットしてみた・・・
ケムイ。
これは、結構、煙い。非常事態なのでガマンしたが、やはり蚊取り線香は、イマイチ。しかも、蚊取り線香を焚いてからも、例のプーンという音を耳元で聞いた。でも、もうどうしたら良いかわからない。午前4時頃、綿毛布にくるまって、眠りに落ちたようだ。
朝、起きてみると、その後、新たに蚊に刺されている様子はなかった。ほっ。なぜ蚊にこだわるかと言えば、痒いだけではなく、これも病気の原因なのだ。特に、デング熱には要注意。バンコクでも、毎年、たくさんの人がデング熱にかかっている。致死率はあまり高くはないが、それでも罹りたくない。
なんで冬間近になって蚊に悩まされているんだろう・・・。
夕べのエアコンのせいで、朝からクシャミ連発。
うーん、厳しい戦いだ。
Copyright &#169 2004 by Nobosama

午前3時半のバトル



午前3時半頃、かゆくて目が覚めた。右手の甲、右肘付近、右足の指・・・なにやら痒い。窓を開けて寝ているのだが、ここは19階。ふだんは蚊は飛んで来ない高さ。でもね。蚊だってエレベーターに乗れるんだよね。だから、ときどき、蚊も出没する。でも、ときどき。雨季の頃は蚊も大量に発生するし、デング熱にかかる人もたくさんいるけど、僕の部屋では滅多に蚊を見ない。
それなのに、なぜ、今日にかぎって蚊がいるんだろう。寝ぼけ眼で暗い部屋を見回したが、蚊らしきものの姿も、飛んでいる音も聞こえない。うーん。とりあえず起きたので、トイレに行ってみて、水を1杯飲んでみた。そのまま、ベッドの上で、しばらくぼーっとしていると・・・
タタタッ、タタタッ
って感じで、暗闇の中で、壁沿いにフローリングを走るヤツがいた。
ゴ、ゴッキーだ!
寝ぼけていたので一瞬、どう対処して良いかわからず、とにかく立ち上がってみた。このまま部屋のどこかに隠れられたらサイテーだ。どうしよう??
寝起き+パニックでは、妙案は浮かばない。とりあえず、古新聞を取りにとなりの部屋に行き、丸めて元の部屋に戻ってみた。
すると、ゴッキーの姿が消えていた。静かに見回すと、隣の部屋へのドアの近くで息をひそめて固まっている。非常に原始的で野蛮な行為だとは思うが、新聞紙を丸めて臨戦態勢を整えた。そっとゴッキーに近寄ると、彼は異変に気づいたようで、猛ダッシュで隣の部屋に逃げ、例によって壁沿いにダイニングテーブルの下を抜けて走って行った。
だんだん、脳が覚醒してきた。アドレナリンやらドーパミンが脳の中で出てきたのだろうか。僕は、壁づたいに進むゴッキーの進路を予測して、先回りして、ダイニングテーブルの反対側で待った。ふふふっ。思ったとおり、やつはこのルートで出てきた。僕は丸めた新聞紙でゴッキーを仕留めた。
時は既に午前4時近くである。すっかり眠気が飛んでしまった。冷静に考えてみると、およそ半年前にゴッキー2匹に訪問されたことがある。このとき、1匹は退治したが、1匹は翌日まで持ち越すという2日がかりのバトルがあった。そのバトル後に、Big-Cで殺虫剤を買ってきたのを思い出した。タイで殺虫剤を使っている人をあまり見かけたことはないのだが、スーパーではかなりの種類が売られている。ゴッキー用、蚊や蠅用など、特定の昆虫専用のものもあり、何が良いのか、さっぱりわからなかったので、こういうときは日本ブランドを、ということで、アースのスプレイを買ってきたのだった。
明け方4時過ぎ、それを思い出し、部屋の玄関付近や窓付近に軽くスプレイしてみた。ゴッキーは歩いてやってくるのだ。しかし、すっかり眠くなくなってしまった。一応、横になってみるものの、「ノーン・マイ・ラップ(眠りにつけない)」状態のまま午前5時半。その後1時間ほど、うとうとして6時40分に起床。だから、今、とっても眠い。
Copyright &#169 2004 by Nobosama

まずい


タイでは、きったない食堂で食事しても、屋台で食事しても、めったにマズイと思うことはありません。ただ、味の素が使われていることが非常に多いので、『グルタミン酸ナトリウム(MSG)』をはじめとする『化学合成グルタミン酸』の摂取が嫌な人は、安い屋台は要注意だと思います。(高いところでも使っている可能性はありますが。)しかし、とにかくMSGの有無は別として、タイで食事をする場合、あまりマズイものには遭遇しないんですよ。一部の例外を除いて、なんですけどね。


きょうのランチは、オイシ・ラーメンに行きました。そう。「美味しい」とは名ばかりの、あの有名なオイシ・レストランです。いま、売り出し中の『豚カルビ・ラーメン』。広告写真に写っている豚鼻をつけた女の子が印象的で、つい、注文してしまいました。しかし、予想通り、「マイ・アロイ(おいしくない)」です。豚肉も軟骨が入っていて、食べにくいし、味付けもイマイチ。でも、これは、ほんの序の口でした。
つい調子にのって、餃子とグリーンティーのセットを頼んでしまったのが、今日の不幸の始まりです。ラーメンの味は、予想範囲内でしたので、それほどのショックはありませんでした。しかし、このセットの揚げ餃子。うーん、言葉では表現できません。別に、味が濃いわけではなく、とにかく、いただけないということなのですが・・・。
セットのグリーンティーは1杯だけですが、10バーツ上乗せすると飲み放題になります。ということで、ラーメンと餃子をグリーンティーで流し込んでしまいました。今の症状は、胃部不快感。
おそるべし、オイシ。頼むから、日本人調理人を雇って、ちゃんとした味にしてください、って感じでした。
Copyright &#169 2004 by Nobosama

カテキン300mg


また暑さが戻ってきたみたい。暑いです。午前9時現在、すでに30度をこえています。うーん・・・10月末頃、少し涼しくなったんですけど、また、少し暑さが戻ってきてしまいました。夕べはあまり風もなかったので、窓を開けて扇風機をつけて寝ました。それでも、まだ涼しいほうですね。10月初め頃までは、エアコンなしで眠ると汗だくでしたから。
ところで、今朝もいつものように、エカマイのバスターミナル前にあるセブンイレブンに寄って、お茶を物色してきました。並んでいるお茶の中で、値段が35バーツ。ダントツで高いのが、この『Green Tea CG300茶の功』。うーん、意味がよくわからないけど、他の同容量のペットボトルのお茶が20バーツなのに、これは35バーツ。きっと、何か良いことがあるに違いありません。
さっそく、試してみることにしました。


『高兒茶素緑茶』・・・意味わかるような、わからないような。ちなみに、これ、きっと日本の雰囲気をかもしだしているわけですよね。タイでグリーンティーと言えば、「オイシ」を思い出すほど、今は、このブランドのグリーンティーが有名ですが、この会社、まだできて5年くらいなんですよね。元は、エアコン工場をやっていた人が始めた日本食レストランチェーン。そして、タイでの緑茶ブームの火つけ役でもありますね。この会社、今年8月に株式上場もはたしました。
このお茶、35バーツの理由はカテキン300mg入りってことのようです。でも、味はイマイチ。無糖なのは良いんですが、あまりおいしいとも思えないですね。良薬口に苦し、ってところでしょうか。カテキン摂取したい人にはオススメ。でも、35バーツの価値はないかな。
Copyright &#169 2004 by Nobosama

ハトくん


今晩は暑いなぁ~
そう思って、窓を開けてみたら、ベランダにハトが!
ハトですよ。ハト。
←(フラッシュありの写真、ゴメンよ)
現在住んでいる部屋は19階なので、窓は大きく開きません。ふつうは外に出られないようになっているんです。だから、ベランダと言っても、エアコンの室外機を置くためのスペースで、通常、人は外に出ません。(エアコンの調子が悪いとき、修理のお兄さんが窓から外に出ていましたが、窓の位置が高いのと、落ちたらオワリな感じなので、僕は出たくありません。)

実は、このハトくん、夕べもいたんです。夕べは、今日ほど暑くなく、風を取り込むために窓を開けて、しばし、夜景を眺めていたのですが、なんとなく左下の方から視線を感じたのです。それで、ふと、下を見ると・・・いたんですよ、ハトくんが。
(←フラッシュなしの写真)
これまで、昼間は野鳥がこのベランダまで飛んできて、手摺りの部分で休んでいる姿は見ていましたが、夜、ベランダのコンクリの上に立って寝ている姿は始めてみました。どうしたんでしょうね、このハトくん。昼間もここにいたのかなぁ~。昼間もいるとなると、どこか怪我でもしているんでしょうか。でも、ここまで飛んで来れたのなら、元気なような気もするけど。
もしかして、このハトくん、ここを寝床に決めちゃったのかなぁ。それ、この時期、ちょっと困るんですよね~ いま、タイは鳥インフルエンザが広がっているわけだし、ここでどんどんフンされちゃうと、なんか、すっごくキケンな感じなんだけどなぁ。
ねぇ、ハトくん、明日はどこか別のところに泊まってくれない?
Copyright &#169 2004 by Nobosama