小さな通訳くん

先日、久しぶりにJJ Marketを歩いているとき、5〜6歳の男の子を連れた日本人女性(たぶん30歳ちょっとくらい?)を見かけました。2人は日本語で話していたので、親子なんだろうなぁと思っていました。僕はMRT(地下鉄)のガムペーンペット駅に向かってゆっくりと歩いていたんですが、2人は早足で僕を抜いていきました。

と、少し行ったところで、その2人がシャボン玉を作るオモチャを売っているおじさんのところで止まっていました。

女性「ねぇ、電池がいるのかきいて」

男の子「・・・ファイファー・・・」

(よく聞き取れなかったけどおじさんに質問している感じ。ファイファーは電気だから、バッテリーって言った方がいいかも。)

どうやら、男の子がこのオモチャを欲しがって、その女性は電池も買う必要があるのか、気になったようです。

僕はそのまま追い越して、また、ブラブラと歩いていきました。

すると、また、この2人が僕を追い越していきました。

と、しばらくすると、また、この2人が何かのお店のところで何か話していて、僕はまた追い越しました。

と、また、この2人が僕を追い越して早足で駅に向かって歩いていきましたが、そのとき、女性が・・・

「ねぇ、タイディンって何?」

と男の子に聞いていました。

タイディンは地下のことで、地下鉄はロットファイ・タイディン。きっと、男の子が地下鉄の駅はどこなのか、お店の人にきいたんでしょう。

この言葉が聞こえたとき、この2人は親子じゃないんじゃないかと思いました。というのも、その女性はほとんどタイ語の知識がなく、その男の子に通訳してもらっていたからです。

海外に移住したとき、子どもは現地の子どもと遊ぶようになり、早く言葉を覚えるという可能性はあるんですが、でも、同じ期間、タイにいるとすれば、電池はバッテリーで通じることはわかるだろうし、地下鉄もロットファイ・タイディンか、あるいはMRTで通じるので、子どもに通訳させることはないんじゃないかと思います。

もしも親子だとしたら、あまりにも語学センスがないお母さん?(失礼)かなと思います。あるいは日本人コミュニティから出ないで生活しているかも知れません。

それにしても、その男の子、小さいけど通訳の役割を果たしていて、感心しました。

 

“Egg Noodle with Extra Shrimp Wontons & BBQ Pork” in Silom

Silom Complexの並びに、小さな食堂があります。食事時には、なかなか混雑していて、タイ人をかき分けて入って行くには、ちょっと気合いが必要ですが、僕は時々、そこでシュリンプ・ワンタン・ヌードルを食べます。

黄色い飲み物は菊茶。ちょっと甘くて・・・菊の味?がします(笑)

さて、お目当てのエビワンタン麺。
英語では、”Egg Noodle with Shrimp Wontons & BBQ Pork”と書かれています。黄色い麺にエビワンタンとチャーシューが入っています。スープの味は薄めというか・・・タイではほとんどの人がテーブルの上にある調味料で好みの味付けにして食べるため、お店はそれほど強い味付けをしないことが多いです。

半年ぶりに入ったら、注文をこのラミネートしたシートにホワイトボード用のペンで書いて、食べ終わったら、これをもってキャッシャーに行くというシステムになっていました。タイの食堂も進化?していますね。

 

クーポン食堂からE-CARD食堂へ

タイではショッピングモールや大きなデパート、スーパーマーケットには、必ずと言っていいほど、フードコートが設置されています。壁側に沿って小さなコマに区切られた店舗(屋台のような料理店)が並んでいて、好きなお店で好きな料理を注文し、テーブルを探して食べるというセルフサービス形式のお好み食堂という感じです。昔は、まず、フードコート入り口付近にある窓口で現金をクーポン券と交換してもらって、そのクーポン券でしか飲食物を買うことができませんでした。なので、日本人の間では、このようなフードコートを「クーポン食堂」と呼んでいた記憶があります。

クーポンに交換させる理由は、このフードコートを設置運営している側(デパートやスーパーマーケット等の大家さんたち)が、各店舗の売り上げの半分前後を家賃として回収するために、一旦、すべての売り上げをクーポンにしてもらって、後に、このクーポンの売り上げに対して何%を各店舗に渡す(家賃分を差し引いた金額だけ渡すってことですね)というシステムで運営していたからです。つまり、初めに、売り上げのすべては大家の手元に入る仕組みです。

現在は、この仕組みが電子化されてきたということですね。そこで登場したのが、E-CARDです。一時期は、磁気部分があるプラスティックカードを使って、お客さんが窓口で渡す金額をカードの磁気部分に記録する(チャージする)という形式でした。
先日行ったBig-Cという大きなスーパーマーケットのフードコートでは、窓口でお金を渡すと、個々に固有の番号が割り振られたプラスティックカード(バーコード管理されています)に端末上でチャージしてくれます。そして、このチャージされた金額はフードコートのネットワークの中で共有されていて、各店舗にある端末で消費した金額を入力すると、その分、残高から差し引かれるという仕組みになっています。

各店舗は個人店主経営ですから、ディスプレイや価格設定なども様々ですが、外国人客を意識して、メニュー写真に番号をつけて掲示しているところもあり、タイ語ができなくても、指さしや番号だけのコミュニケーションで注文ができます。

基本的にはセルフサービスなので、スプーン、フォークなど必要なものは自分でとって席につきます。

飲み物は飲み物の店で買います。

食べ終わったら、食器はそのままテーブルにおいていきます。フードコートでは、こまめに食器を片付ける人が回ってきて、片付けてくれます。タイ人にはこれが習慣になっているので、フードコートでは食べた食器はそのままテーブルにおいていきます。(大学の食堂などでは、各自食後に食器を片付けるシステムのところもあります。)

バンコクの丸亀製麺では食器を返却してくださいと書いてあって、食器の返却口もあるんですが、まったく気づかず、そのままにして帰ってしまうお客さんが多いみたいです。マクドナルドでも日本と同様にトレイを返却するところがありますが、返却せずに、そのままの人も多いみたいです。習慣になっていることは、一朝一夕には変わりません。

食事が終わったら、フードコートを出るときにE-CARDを窓口に出して残金を返却してもらいます。残金がないとしても、カードは返却して帰りましょう。

Huai Khwang Night Market

Huai Khwang… カタカナで書いても上手くタイ語の発音になりませんが、フアイ・クワーンとしておきましょうか。このフアイ・クワーンはバンコク中心部から北に向かう大きな通り、ラチャダーピセーク通り沿いの地域です。地下鉄MRTにも、Huai Khwang駅があります。そして、このHuai Khwangには地元の人たちが買い物や食事のために集まるナイトマーケットがあります。

行き方としては、まずMRTのHuai Khwang駅に行き、3番出口から出ます。(有名なソンブーンというレストランの前の出口です。)出口は南向きなので、出たら反対向き(北方面)に歩くとすぐに、Huai Khwangの交差点があります。ここはラチャダーピセーク通りと、Prachasongkroa通りの交差点ですが、夜、ここに立って左方向(西方向)を見ると、たくさんの屋台やお店が煌々と灯りをつけて商売しているのが見えます。ここが、フアイ・クワーン・ナイト・マーケットです。

僕は地下鉄が動いている時間帯にしか行ったことはありませんが、この地域は女性向けの服や靴、アクセアリーのお店や屋台が並んでて、午前3時、4時くらいまで開いているようです。

飲食店も多く、特にシーフードのお店が多いようでした。

Huai Khwangの交差点の北西側の歩道上には、たくさんの占いの屋台があります。なんで?と思ったら、この交差点のところに、ガネーシャを祀った廟?がありました。夜中でもお参りしている人がたくさんいて、周辺の占い師の屋台には、たくさんの女性がきていました。

タイでも女性は占いが好きなんですね。
ここで占ってもらうには、やっぱりタイ語が必要でしょうね。中には英語を話せる占い師もいそうだけど・・・占いに行くときには通訳を同行してください(笑

Hai – タイ・レストラン・・・っていうか食堂!?

バンコク、BTSのサラデーン駅からSilom通りをチャオプラヤ川方面に歩いていくと、すぐにT字路に到達します。Silomにつながっているこの道が、コンベント通り。ここを左折して、50mくらい歩いた右側にあるのがレストラン”HAI”。

金曜日の午後7時半頃。

久しぶりに、行ってみると、相変わらず大混雑でした。

ガイヤーン(小)とラープ・ムーをさかなにビール。

ふと周囲のテーブルに目を向けると・・・あれ?

結構、日本人がいました。僕の右後ろのテーブルでは一人で飲んでいるおじさん。左のほうには、大学生らしき男子2人組。前方には、大学生らしき女子2人組。

春休みですね。

あ、それに、日本は春分の日で3連休ですね。

ハッピーバンコク🎵
タイを楽しみましょう。

電線・・・大丈夫?

バンコクの街を歩いていると、なんか電線がすごいことになっているなぁと気づくことあります。そもそも、電柱と電柱の間に張られた電線の数も多いんですが、分岐点の電柱となると、その数はかなりのものになります。

切れた電線が道路にたれていることも日常茶飯事です。

大丈夫?

大丈夫じゃないんでしょうけど・・・。

バンコクの街を歩くときは、電線にきをつけて、また、地面の凸凹や犬のフン、木の上から落ちてくる鳥のフンなど、注意してください。

ちょっと残念なこと

ikebukuro_prik

池袋の北口から少し歩いたところにあるタイ・レストラン「プリック」。飾り気もなく、繁華街からは少し外れていて、タイ人のおばさんが料理を作ってくれていたアットホームなタイ料理屋さんだったのです。

が、今日、久々に池袋でタイ料理ということになり、行ってみたら、小さな店は満席。扉をそっと開けて「一杯ですか?」と聞いたら、以前はいなかったオジサンに

「予約は?うちは完全予約制だから。今日?絶対ムリ。」

と言われました。

いつの間に、こんな店になってしまっていたんでしょう。
もちろん、混雑している年末に行って席がないのは理解できるんですが、完全予約制のタイ料理屋だとか、絶対ムリという上から目線の態度は、ちょっとあり得ないです。

残念ですが、もう、行くことはないでしょう。

 

MahaNakhon – The Ritz Carlton Resident & Hotel

maha-bldg-01

maha-bldg-11

2016年8月29日(28日の深夜)、バンコク、タニヤの某WoodBallでお酒を飲んだ後、ホテルへの帰り道、Silom通りを歩いていると、なんだかビルがライトアップされ、しかも、次々と色を変えていました。慌ててシャッターを切ったのが、この2枚の写真。どうやら、この様子は日本でも報道されたようでした。

maha-02

maha-04

maha-05

このビル、正式名称はMahaNakhon。またの名をThe Ritz Carlton Residence & Edition Hotelというそうです。そう、あのリッツカールトンの住居とホテルということです。建設された場所は、BTSのChongNongsi駅前。以前から、なんか、ギザギザなビルが作られているなと思っていましたが、リッツカールトンだったんですね。

maha-06

maha-nakhon-1

maha-nakhon-2

日本でも報道されたこのビル。一応、オープニングイベントってことで、光のショーをやったんでしょうが、8月末時点では、まだ最上階にはクレーンがあったし、ビルの前も、まだ地面がむきだしな状態でした。

このホテル、いったい、一泊おいくらでしょうね。場所は、BTS駅前だけど、BTSで移動するような人が泊まるホテルでもないなぁ(^_^)

ちなみに、高さは314.2m。75階建て。タイで一番高いビルだそうで、アパートとしての居室数は209、ホテルの部屋数は154だそうです。

zigzag_bldg

 

ランスアンの薬膳中華屋〜養生堂

BTSのチットロム駅近くの通り、ランスアン。バンコクの中心地で、Central ChitLomも近く、Central Worldも徒歩圏内という商業地区でありながら、高級アパートやサービスアパートなども建っていて、(日本人も含めた)外国人が多く住む住宅地域でもあります。

僕は、昔、エラワン廟近くに住んでいたのですが、自宅周辺には高級ショッピングモールやデパートが多く、手軽に食事ができるお店は限られていました。そんな環境の中、このランスアンに養生堂という薬膳中華屋さんがあり、週末にはよく通っていました。

その頃の養生堂は、本当に小さな食堂のような店で、お粥と餃子の種類が豊富で、他の中華料理メニューもある家族経営のお店でした。しかし、数年前にバンコクに行ったときにランスアンに行ってみると、その店が解体されている途中で、とても大きなショックを受けました。ネットでは、その数年前に、スクンビットに支店を作ったことが紹介されていましたが、写真などで見る限り、そちらはちょっと高級な中華レストランのような雰囲気で、庶民的だった養生堂のイメージとは大きく異なっていました。

とにかく、ランスアンのお店がなくなったと思い、ショックを受けていたところ、実は、ランスアンの別の場所に移転して営業をしているという情報が入ってきました。そこで、2016年8月、行ってみました。

yojodo-01

場所は、The Porticoという小さな複合ビルでした。主に飲食店と小さなショップが入っていて、最上階にはヨガスクールがありました。このビルの2階に、小洒落た感じの中華レストランに変貌した養生堂がありました。

yojodo-08

yojodo-02

住んでいるときにも、1人で行くことが多かったので、いつも、お粥と餃子を注文して、ビールを飲んでいました。ということで、今回も、その懐かしいメニューを注文。

yojodo-04

yojodo-05

味は美味しかったです。が、店員同士が雑談に夢中で、接客がおろそかになっていて、ちょっと残念な気分です。もともと、愛想が良い感じの店ではなかったけど、昔は、旦那さんが厨房で、接客は奥さんで、という感じで店を切り盛りしていたので、従業員も、それなりの緊張感を持って働いていた気がするんですけど、僕が行ったときには、そういうお目付役の人もいないようで、ゆる〜い労働環境のようでした。

yojodo-03

それでも、まぁ、この辺りで、あまり高級ではない中華屋さんで美味しいところというと、やはり、養生堂ですね。移転先のPorticoは前よりもChitLom駅に近づいたので、Central ChitLom(デパート)で買い物した後とかに食事をするなら、選択肢の1つかも知れません。ちなみに、同じ2階には、タイ料理屋さんが入っているのですが、実は、数年前にランスアンに来て養生堂が閉店していることを知って仕方なく、そのタイ料理屋に入った記憶があります。(反対側に養生堂があったことに、まったく気づきませんでした。)

ちなみに、Porticoの近くの歩道には、平日の昼食時にたくさんの屋台が並び、周辺で働いているタイ人がたくさん集まってきて食事をしています。

Bangkok MRT-Purple Lineに乗る!

いまさらですが、2016年9月、バンコク滞在中に、2016年8月に開通したバンコクのMRTパープルライン(Purple Line)に乗ってみましたので、その時の写真を掲載いたします。34枚ありますので、ちょっと多いなぁという感じもしますが、自分の忘備録の意味もありまして、一挙に載せておきます。

まずはMRTをご存知のない方のために、少しだけ、MRTの話をしておきましょう。MRTはMass Rapid Transitの略で、Bangkok Metro Company Limitedが運営している公共交通機関のことを指していまして、これまでは2004年7月に開通した地下鉄のことをMRTと呼んでいましたが、実は、この地下鉄にはMRTブルーラインという名称が付いており、当初からパープルラインを作って接続する計画がありました。当時、僕もバンコクに住んでいて試運転にも乗車したのですが、てっきりパープルラインも地下鉄だと思い込んでいたのですが、2016年8月に正式開通したMRTパープルラインは地上、しかも高架鉄道でした。どうやら、ブルーラインの工事の際に、バンコクの地下を掘ることが想像以上に難しかったようで、そのために高架になったらしいです。そして、本来はブルーライン(地下鉄)が延長してパープルラインのタオプーン駅と接続予定なのですが、川に阻まれていて予定が遅れているらしく、2016年9月現在は、無料シャトルバスによってブルーラインのバンスー駅とパープルラインのタオプーン駅が結ばれていました。

ということで、僕はバンコクの中心部から、まずはブルーラインに乗ってバンスー駅まで行きました。

mrt-01

 

これはブルーライン(地下鉄)のホームです。ホームドアは東京メトロ南北線などで使われているフルスクリーンタイプ。誤って線路に落ちたりしない構造になっています。

mrt-02

 

mrt-03

ブルーラインの車内の様子。

mrt-05

 

mrt-06

 

mrt-07

 

 

 

 

スー駅に着くと、あちこちに矢印がありました。パープルラインはこちら、っていう感じで、矢印に誘導されて、地下から地上に出ます。

mrt-08

 

mrt-09

地上に出ると、フリーシャトルはこちらっていう感じの垂れ幕。ところが、この矢印が指しているのは、すぐ前にある国鉄のバンス—駅で、この駅が大きくて、ちょっと彷徨いました。

mrt-10

 

mrt-11

 

mrt-12

 

mrt-13

この鉄道の駅は、鉄道貨物の積み下ろしが行われていて、そういえば、日本の国鉄でもチッキとかいう貨物輸送があったなぁと、古い記憶が蘇ってきました。それはさておき、結局、フリーシャトルバスは地下鉄の出口を出た近くのバス乗り場でした。フリーシャトルの専用乗り場ではなく、駅前に色々な行き先のバスがやってくるバス乗り場があり、そこでフリーシャトルバスが来たら乗るということでした。

mrt-14

 

mrt-04

 

このフリーシャトルに乗っている時間は5分程度。川を渡ってすぐのところに、タオプーン駅がありました。

mrt-15

 

mrt-16

 

mrt-18

 

mrt-17

mrt-21

これが券売機です。切符は、ブルーラインと同様にトークンが使われていました。

mrt-19

ホームは結構高い位置にありました。長いエスカレーターで、どんどん上に。

mrt-20

これが、パープルラインの車輌です。ホームドアはフルスクリーンではなく、柵になっているタイプです。

mrt-22

 

mrt-24

 

mrt-23

 

mrt-25

 

mrt-26

 

なぜつり革の写真を撮っているかというと、ブルーラインやBTSスカイトレイン(バンコク中心部で運行されている高架鉄道)の車輌のつり革は、あまりたくさんの乗客が乗ることを想定した配置ではないため、乗客が増えてしまうと、つり革から離れた場所に人が立てないので、ドア付近に人間がかたまってしまいます。

パープルラインのつり革は、日本の電車に近いつり革の取り付け方になっていて、乗客が増えても、安心して立って乗車できるように配慮されているようです。BTSの車輌にあるような3本のパイプのポールも所々に立っているので、もしかしたら、身長が高くない人にとっては、日本の電車よりもつかまりやすいかも知れません。

mrt-27

 

mrt-29

 

mrt-32

 

mrt-31

 

mrt-34

 

mrt-33

 

mrt-28

実は、パープルラインの車輌は、JR東日本グループのJ-TREC(総合車両製作所)が作っています。たしか、BTSスカイトレイン、ブルーラインでは、シーメンス製の車両が採用されていたと思うのですが、車輌製造メーカーの違いが、つり革の配置にも影響を与えているんでしょうね。

記憶ではBTSスカイトレインやMRTブルートレインのときもそうだったと思うのですが、このパープルラインも日本の円借款を活用して建設されたそうです。僕が乗ったときには、まだパープルラインの利用者は多くなく、この沿線には大きな商業地区もない、ただの住宅地だから作っても無駄だという批判をしている人もいましたが、この鉄道ができたことで、この地域に行きやすくなり、住宅地の中にも街ができ、住人もこれまでより楽にバンコク中心部に移動できるようになれば、バンコクという都市がさらに拡大し、交通渋滞の緩和に多少は貢献できるのではないかと思います。

ますます活気づいていくASEANの中心に位置するタイの首都バンコクの人々の暮らしが向上することに、日本のODAや民間の鉄道技術が貢献できたとすれば、タイと日本の絆がさらにまた強くなったのではないかと、タイ・ファンの僕としてはとても嬉しく思います。

でも、今のところ、パープルラインに乗って行ける観光スポットは・・・あまりありませんので、電車に乗りたい方にだけ、パープルラインの乗車をオススメしておきます。

 

タイに行きたい!タイを知りたい!