羽田発バンコク行が3月30日から増便

ana_ad_201403.JPG

先日、新聞にANAの広告が出ていました!

3月30日からANA国際便が大増便!だそうです。

増便するのはANAだけではないですが、今回、国土交通省はANAに11往復の発着枠を割り当て、JALには5往復の発着を割り当てました。その5往復というのは、英国、フランス、中国、シンガポール、タイの5路線についてで、JALとANA両者に割り当てられていますが、ANAにはそのほか、ドイツ2往復分、ベトナム、インドネシア、フィリピン、カナダ各1往復分が割り当てられました。タイ国際航空のバンコク行き直行便も増便するようで、バンコクがより身近になってきました。

 

ana-hnd-bkkflights.jpg

これまでの羽田発のバンコク行直行便は、ANAもJALもTGも、夜遅い時間に羽田を発って、早朝にバンコク到着するというパターンでした。この夜行便のスケジュールだと、弾丸トラベルをしたい人や若い人たちの強硬スケジュールツアーには向いていましたが、到着した日はかなりキツイ1日となっていました。結局、午前5時くらいにバンコクについて、とりあえず、ホテルにアーリーチェックインして、結局、何をする気にもならず、昼寝してしまったり、その後もタイマッサージに行って爆睡してしまったりして、早くバンコクに着いても、何もせずに時間が過ぎてしまうことが多かったのです。今回の増便では、羽田を朝(午前中)に出発して、午後にバンコク到着という便が増えますので、夕方までにホテルにチェックインして、マッサージしてからタイ料理を食べに行くということができるという、体にも優しいスケジュールが組めます。(結局は、マッサージに行くわけですが。)

 

NH847  羽田10:50  バンコク15:25

NH849  羽田00:25  バンコク05:00

JL031  羽田11:30  バンコク15:40

JL033  羽田00:40  バンコク05:00

TG683  羽田10:35  バンコク15:05

TG661  羽田00:20  バンコク04:50


もちろん、東京で1日仕事をして、羽田から夜便でバンコクに行って、朝から会議に出て、また、夜便に乗って羽田まで戻ってくるという0泊3日の出張もできるようになったわけですから、忙しいビジネスマンにとっても、バンコク便の増便は朗報です。

増便すると、それだけ座席が取りやすくなるというメリットもあると思います。やはり、バンコク便は人気路線です。特に、羽田から発着できる便は便利なので、なかなか、思い通りに予約を取ることができなかったのですが、これで、少しは緩和されるんじゃないかと思います。

さぁ、タイ旅行のプランを立てましょう!

 

日本は本格的に寒くなってきました。

僕の個人的な理想というか、妄想に近いですが、10月から3月をタイで過ごし、4月から9月を日本で過ごすという生活に憧れています。もっとも、真夏の日本はタイより熱い気もするので、7月と8月もタイで過ごすというのもアリですけど(笑

昨日は冬至で、これから毎日、日が長くなっていくわけですが、寒さはまだこれからが本番です。というわけで、今月は月初から家のあちこちの防寒対策をしています。と言っても、それほど予算をかけずに、という条件があるので、窓ガラスにプチプチ(エアキャップ)を貼ったり、断熱シートを使ってみたりしながら、部屋の温度アップに挑戦しています。

しかし、お風呂の暖房は問題でした。ネットで検索すれば、本格的な浴室暖房機などがあることはわかっていますが、かなりお金がかかり、工事も必要となってしまいます。かと言って、狭い洗面所と浴室に、遠赤外線ヒーターのように、真っ赤に発熱するタイプのものはキケンですよね。そんなことを考えている頃、たまたま訪れた友人宅の洗面所(浴室)で使われていたのが、セラミックファンヒーターでした。

友人の感想は、歯磨きのときとか、すぐに暖かくなるし、入浴前に浴室を温めることもできて、なかなか良いとのこと。Amazonのレビューを見ても、それなりには暖かくなりそうなので、急いで購入しました。

 bathroom_heater1.jpg

土曜日午後にアマゾンでポチっとしたところ、本日(月曜日)、宅急便で届きました。昔は、アマゾンは夕方までにポチると、その日のうちに発送したりしていたものですが、最近は、プライム会員というステータスができて、そちらの人たちが優先されるので、中1日かかることが多いですね。まぁ、それでも、家から出ないで、あんなものやこんなものが、比較的安価に買えるのですから、便利ですけど。

さて、届いたセラミックファンヒーターの能力を理解するために、実験をしてみました。午前11時08分、浴室の温度は15度弱という感じでした。(時計についている温度計は反応が遅いようですので、無視してください。)

 bathroom_heater2.jpg

ここで、ファンヒーターを「強」に設定して約30分間、オンにしておき、再び浴室の温度を見てみました。

bathroom_heater3.jpg

15℃だった浴室の温度が22℃に上がって、ぽかぽかしていました。とりあえず、入浴前に浴室を温めるという目標は達成できるようです。お風呂に入ろうとするときの寒さの軽減はできると思います。入浴の最中は、湯船にお湯をためておき、まずそこで体を温めれば、まぁ、暖かく過ごせるのではないかと思います。

浴室から出て洗面所に戻った時に、このファンヒーターを再度使うべきかどうかは、ちょっと考え中です。お風呂で温まった後なら、要らないんじゃないかとも思っているんですが...。でも、ヒートショック対策としては、使ったほうが良いのかも知れませんね。今後、使用しながら、最適な方法を考えていきたいと思います♪

 

Typhoon Yolanda -(Haiyan)義援金

11月8日、台風30号(Typhoon Yolanda - Haiyan)によって、フィリピンは甚大な被害を受けました。気象津波という現象も発生したようで、広い範囲で大きな被害が発生しているようですが、通信・インフラなどが機能停止していて、まだ全貌がわからないようです。

様々なメディアが報道しています。参考のため、メディア以外の情報源として、フィリピン赤十字へのリンクを張っておきたいと思います。

フィリピン赤十字HP

また、フィリピン赤十字では義援金を受け付けています。フィリピン赤十字のHPのトップからもリンクされていますが、念のため。

義援金のページ

義援金の使途を指定して送金できる仕組みになっています。今回の台風のためであれば、Campaignのプルダウンメニューで、Supertyphoon Yolandaを選択し、フィリピンペソの金額を入力、そして支払い方法を選択してください。 PayPal、クレジットカード等が選べます。クレジットカードはVISAとフィリピンのクレジットカードで支払えるようです。たぶん、PayPalを使えば、手間はかかるでしょうが様々なクレジットを使って送金できると思います。(送金者の住所によって選択できる支払方法に制限があるかも知れません。)

 ちなみに、Yahoo!Japanのファイナンスで本日の為替レートを見ると、日本円10,000円はフィリピンペソでは4386.68のようです。

Yahoo!Japanファイナンス

また、日本赤十字でも、フィリピンの台風被害に対する救援金の受付を開始しました。インターネットでの送金または、ゆうちょ銀行口座への振り込みによる送金が可能です。

日本赤十字―2013年フィリピン台風救援金

 

ブログランキング


ブログランキングに参加中です。
バナーをクリックすると、たくさんのタイブログ、アジアブログを見ることができます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイバーツ


ここに表示されたレートは目安
としてご利用ください。
両替の際の為替レートは
両替所・銀行ごとに異なり、
また日々変動します。

バンコクに泊まる



アジアツアー





カーシェアリング



Stock Photo


写真素材 PIXTA

タイの写真を見る
「PIXTAでご購入いただける素材」をクリック!


アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

ANA




アマゾン



Contact



最近のコメント

アイテム

  • ana-hnd-bkkflights.jpg
  • ana_ad_201403.JPG
  • bathroom_heater3.jpg
  • bathroom_heater2.jpg
  • bathroom_heater1.jpg
  • kan-thai-curry2.jpg
  • kan-thai-curry1.jpg
  • radar-bkk.png
  • rader-haneda-cu.jpg
  • rader-haneda.jpg